PM-Japan コンテンツポリシー


1.総則

第1条(本ポリシーの目的)
このコンテンツポリシーは、PM-International AG(以下PM-International)とその日本国内子会社である株式会社PM-Japan(以下PM-Japan)の公式サイトおよびその付帯コンテンツの利用についての指針です。


第2条(本ポリシーの変更)
① 弊社は、その裁量により、本ポリシーをいつでも変更することができるものとします。会員は、予めこれを承諾するものとします。
② 変更後のポリシーについては、弊社が別途定める場合を除き、会員が閲覧したか否かを問わず、弊社の運営するWebコンテンツ上に表示した時点より効力を生ずるものとします。


2.著作権等

第3条(著作権等一般)
① PMの公式サイトおよびその付帯コンテンツにあるすべての情報の著作権は、特に但書がない限り、PM-InternationalまたはPM-Japanに帰属します。
② PMの公式サイトおよびその付帯コンテンツの一部または全部を、著作権法第30条に規定する私的使用以外の目的で、著作権者に無断で複製することは禁じます。
③ PMの公式サイトおよびその付帯コンテンツの利用者が、前項①、または②の規定に違反して商標使用等を行った場合は、弊社ならびにPM-Japanは当該行為を差止し、また当該行為によって違反者が得た利益相当額を請求できる権利を有することを、利用者は予め承諾するものとします。


3. 行為責任

第4条(行為責任)
PMの公式サイトおよびその付帯コンテンツを利用して、ダウンロード等の方法で入手するすべてのものは、利用者ご自身の責任で行っていただきます。ダウンロード等の結果生じた損害については、利用者がすべての責を負うものとします。


4. 免責条項

第5条(本サイトコンテンツの安全性に関する免責)
PM公式サイトおよびその付帯コンテンツの利用者は、本サイトを利用するにあたり、入力、送信した情報に何らかの暗号処理がなされている場合においても、その漏洩等が発生する危険性があることを認識し、必ずしも安全でないことを了承します。


第6条(本サイトコンテンツにより発生した損害等の免責)
PM公式サイトおよびその付帯コンテンツのサービス提供、変更、停止、廃止、または提供される情報等の流失もしくは消失等、その他PM公式サイトおよびその付帯コンテンツに関連して発生した利用者または第三者の損害について、弊社およびPM-Internationalは一切の責任を負わないものとします。


第7条(利用者と第三者間の紛争についての免責)
PM公式サイトおよびその付帯コンテンツに関連して、利用者とPM-Internationalおよびその子会社以外の第三者(国内外を問わず、他の利用者を含む)との間に紛争が生じた場合、利用者は自己の責任と費用をもって当該紛争を解決するものとし、PM-Internationalおよびその子会社には一切迷惑をかけないものとします。


5. その他

第8条(規定外事象)
本ポリシーの規定にない事象については、他の契約書面・概要書面、規約等、または日本国内法に照らして対処するものとします。


 

2013年(平成25年)4月1日制定

2018年(平成30年)9月14日一部変更
 

PM-International AG
株式会社PM-Japan